防災環境都市・仙台 仙台市では「杜の都」の豊かな環境を活かしながら、
災害に強いまち「防災環境都市づくり」を進めています。

メニュー

「仙台防災未来フォーラム2018」開催結果概要

2018年05月25日

仙台市は、平成30年3月9日に「仙台防災未来フォーラム2018-命を守り、地域に根ざす 企業防災の取り組み-」を開催しました。

1. 日時

平成30年3月9日(金) 14:00~16:20

2. 会場

エル・パーク仙台 6階ギャラリーホール

3. 主催

仙台市

4. 共催

(公財)仙台市産業振興事業団

5. 後援

(株)河北新報社、仙台商工会議所

6. 行事の構成

(1)セミナー

第1部 防災・減災活動等の事例発表
第2部 パネルディスカッション
テーマ:命を守り、地域に根ざす 企業防災の取り組み
事例発表者・パネリスト
 日鐵住金建材(株)執行役員 平山憲司氏
 今野梱包(株)代表取締役社長 今野英樹氏
 (株)サイコー代表取締役 齋藤孝志氏
コーディネーター
 (株)河北新報社防災・教育室長 武田真一氏 

(2)ブース展示:9団体

7. 入場者数

約150名

8. 開催結果概要

震災を経験した県内の企業3社による事例発表では、日頃から企業が災害に備えることの大切さや、被災時の早急な現状把握と震災の経験を次の災害対策に生かすことの重要性、自社の技術を活用した地域貢献などに関する話がありました。

その後のパネルディスカッションでは、企業による防災対策の取り組みが、従業員の家族の意識や地域にも影響を与え、災害に強いまちづくりにつながるといった活発な意見交換が行われました。

参加者からは、「企業の意識や取り組みがよくわかった」「自社の取り組みを見直したい」などの感想がありました。

 

7. フォーラム会場の様子




事例発表



パネルディスカッション


ブース展示


ページの先頭へ