防災環境都市・仙台 仙台市では「杜の都」の豊かな環境を活かしながら、
災害に強いまち「防災環境都市づくり」を進めています。

メニュー

まちづくり

次世代エネルギー創出促進事業

  •  

木質バイオマス熱電併給装置による売買及び熱利用事業木質バイオマス熱電供給装置による充電及び熱利用事業
(平成28年度 恵和工業株式会社)

創エネルギー導入促進助成制度

仙台市内で、新たにクリーンで安定的なエネルギーの製造・供給を行う施設や次世代エネルギーなどの研究開発・実証実験を行う施設などに対して、固定資産税等相当額を最大5年間助成します。また、新規雇用などの正社員が5人以上の場合、1人当たり60万円を加算します。

 

 

 

 

 

 

藻類バイオマス屋外パイロットプラント藻類バイオマス屋外パイロットプラント

藻類から創る画期的な次世代エネルギーの研究

仙台市は、筑波大学、東北大学と共同で、生活排水から石油成分等を生産する「藻類バイオマス」の研究を進めています。
これまでに、南蒲生浄化センター内に「仙台・南蒲生藻類バイオマス技術開発実験室」及び屋外パイロットプラントを建設し、下水を活用した藻類の培養やオイルの抽出・精製のための研究を行ってきました。
今後は、民間事業者と連携し、これまでの成果を踏まえた研究開発を促進させていきます。

お問い
合わせ
まちづくり政策局防災環境都市・震災復興室
022-214-8057
mac001640@city.sendai.jp

ページの先頭へ