防災仙台都市・仙台 仙台市では「杜の都」の豊かな環境を活かしながら、
災害に強いまち「防災環境都市づくり」を進めています。

メニュー

まちづくり

木造住宅・分譲マンションの耐震化

「杜の都防災力向上マンション」認定証「杜の都防災力向上マンション」認定証

平成7年の阪神・淡路大震災において、昭和56年以前の建築基準で建てられた木造住宅が大きな被害を受け、多くの人命が失われたことを受け、仙台市では、市有建築物の耐震化(平成27年度末で約99%)を進めるとともに、木造住宅と分譲マンションを対象とした耐震診断や改修工事補助などを行っています。耐震診断の結果に基づいたアドバイスも行います。

これまで、この制度によって、平成16年から平成26年までの11年間で、延べ2,122戸の木造住宅と2棟の分譲マンションが耐震化工事を行いました。

マンションの防災力向上

分譲マンションにおける防災活動の充実と建物の防災性能の向上を図るため、平成25年に「杜の都 防災力向上マンション認定制度」を創設。マンション管理組合による防災活動のルールづくりの参考となる「分譲マンション防災マニュアル作成の手引き」も策定しました。

お問い
合わせ
分譲マンション耐震化・防災力向上:
都市整備局住宅政策課
022-214-8306
tos009430@city.sendai.jp
木造住宅耐震化:
都市整備局建築指導課
022-214-8323
tos009420@city.sendai.jp

ページの先頭へ